目を大きくする方法とは

目元治療

女性

目元の印象次第で顔全体のイメージが大きく変わってきます。初対面の人に会った時、まず相手の目元に視線が行くのが普通ですが、目元から受けた印象がそのままその人自身の印象として固定されてしまうことが多いです。つまり、相手に良い印象を与えたいのであれば、目元の印象をよくすることが一番手っ取り早い方法ということになります。現実的なことを考えると、目が小さい人は、相手の心に強い印象を残すことができません。なかなか顔を覚えてもらうことができずに苦労してしまうことが実際によくあります。でも、美容外科クリニックへ行って目を大きくする美容整形手術を受けることにより、その状況を変化させることができます。目を大きくするための美容整形手術には様々な種類のものがありますが、一番ポピュラーなのは一重まぶたを二重にする美容整形手術です。まぶたが一重になっていると、まぶたの開きが悪くなってしまいます。垂れ下がったまぶたが黒目部分を隠してしまうため、どうしても目が小さく見えてしまいます。でも、二重まぶたにする美容整形手術を受ければ、まぶたがしっかりと開かれるようになるため、目が大きく見えるようになります。

治療方法

二重まぶたにする美容整形手術には、切開法による手術と埋没法による手術の2種類があります。昔からよく行なわれてきたのは、切開法による二重整形手術です。これは、その名が示している通り、まぶたをメスで切開する方法です。メスで皮膚に切れ目を入れて二重のラインを作りますので、くっきりとした二重まぶたになることができます。また、まぶたにメスを入れるついでに、まぶたについている余分な脂肪を取り除くことができるため、厚ぼったいまぶたの人でも、涼しげな印象の美しい目元になることができます。まぶたにボッテリとついている脂肪をそのままにして二重のラインを作ったとしても、脂肪の重みでまぶたの上部が垂れ下がり、奥二重になってしまう可能性が高いです。ですので、まぶたについている脂肪の処理が意外に重要になってきます。一方、ここ数年高い人気を集めるようになってきているのが、埋没法による二重整形手術です。埋没法の場合は、まぶたをメスで切ったりしません。メスを入れずにどうやって二重のラインを作るのだろうと疑問に思う人が少なくありませんが、糸を通してまぶたの皮膚をくぼませるという方法で、二重のラインを作ります。皮膚を切るわけではないので術後の腫れがそれほど強くなく、手術を受けた翌日からいつも通りにメイクをすることができます。そのため、最近では埋没法による手術を受ける人が増えてきています。