顔がハッキリします

具体的な特徴です

医者

二重まぶた整形の方法については、大きく分けて二つの方法があります。一つは埋没法、もう一つは切開法です。埋没法の特徴は、メスを使用しないため、腫れがほとんどなく、ダウンタウン期間も比較的短期間で済む上に、費用も切開法に比べると安価だということです。仕事などで、長期間の休みを取ることができないという場合でも、埋没法であれば施術から3日ほど経てば化粧もできますし、腫れは完全にはひいてはいませんが、日常生活に差し支えるほどの腫れではありません。ですので、長期の休みを取れない場合でも埋没法であれば施術を受けることができます。一方、切開法はメスを使用するため、1か月ほどはダウンタウン期間が必要となりますが、永久的であるというのが特徴です。埋没法はメスを使用しないため、固定している点が月日が経つにつれ弱くなり、二重が崩れる可能性がありますが、切開法はメスを使用しているためその可能性はなく、永久的に二重を維持することが可能です。

人気には理由があります

では、なぜ二重まぶたの整形が人気があるのでしょうか。整形には二つ方法があることを述べしましたが、どちらの方法にも一定した需要があります。埋没法を利用する利点としては、上記でも述べたようにメスを使用しないため、腫れが少ないということです。どうしてもメスを使用することに抵抗や恐怖心がある場合でも、埋没法であればメスを使用しませんし、費用も平均からみると切開法の五分の一程度で施術を受けることができますし、万が一二重の形が気に入らなければやり直すこともできます。埋没法は切開法よりも気軽に施術を受けることができるという点で人気があります。一方、切開法はまぶたの皮膚が分厚く、全く二重にならないという場合でもメスを入れるため、確実に二重にすることができますし、幅も埋没法よりも広くすることも場合によっては可能です。埋没法に比べると費用も高く、ダウンタウン期間も長くかかりますが、永久的であるということはなによりも魅力的です。そして、この永久的な二重を手に入れることができるという点が切開法の人気である理由でもあります。二重まぶたの整形に関して、両者とも人気があるということは間違いありません。