一重がコンプレックスなら

コンプレックスの解消

女性

一重まぶたにコンプレックスを抱いており、二重になるためにメイクアップによる努力をしている方は少なくありません。これは現代の日本において、また世界的に見ても、大きくてパッチリとした目が好印象を与える目であるとされているためであり、その大きくパッチリと見える目を満たす要素として欠かすことができないのが、二重まぶたである事となっているためです。しかし統計によると、日本人の半数は生まれながらに一重まぶたであるとされているため、その一重まぶたにコンプレックスを抱えてしまった際には、先にも挙げたようにメイクアップによる二重まぶたの作成といったことを、毎朝などの忙しい時間を消費し、またメイク道具を購入して行なわなければいけません。そういった背景を受けて、近年人気を高めているのが、美容整形による二重への整形手術です。美容整形であれば一度行ってしまえばその効果が持続するため、コンプレックスの解消はもちろんのこと、メイクに時間を掛けたり、メイク道具の購入に費用を掛ける必要もなくなるため、長期的な視線で見た場合、コストパフォーマンスにも優れているといった点も、人気を集めている理由となっています。

施術を受けるにあたって

二重への整形手術を受けるにあたっては、プチ整形と呼ばれる手法の利用ができるといった点も、見逃せないメリットになっています。これは埋没法という施術を利用する方法であり、これによって、一般的に十数万から数十万円といった費用が掛かるケースが多くなっている美容整形手術において、わずか数万円程度の費用で施術を受けることができ、またメスを使用して肌を切る施術ではないため、施術後の回復までの時間、ダウンタイムト呼ばれる時間も非常に短時間ですむのです。そのため、仕事の合間に週末の連休を利用して、一重まぶたを二重まぶたにするといったことも、十分に可能となっています。この気軽さや手軽さも、二重整形が人気を集めている理由のひとつなのです。さらにこれと合わせて利用するのがオススメなのが、目頭切開と呼ばれる施術です。これはいわゆるメスを入れる美容整形ではありますが、日本人の多くが有している、蒙古ヒダと呼ばれる目頭のほんの数ミリの皮膚を取ることによって、より目を大きく見せることが可能な施術となっています。二重への美容整形と合わせて受けることで、欧米人のような、より好印象を与える目を手に入れることが可能となるのです。